実績

守ります! いのちを くらしを この町を

こいそ善彦の主な実績です。青色の「詳細」をクリック頂くと、詳しい説明をご覧頂けます。

いのち

  1. 2013年10月より「ピロリ菌検査」無料実施が決定!詳細
    【こいそチャンネル_ピロリ菌実績編】

  2. 小・中学生の入院費・薬代を無料化(通院費1回200円)詳細

  3. 不育症の相談窓口「不妊・不育ホットライン」を開設詳細

  4. #8000番による「小児救急電話相談」を開始詳細

  5. 「女性専用外来」を多摩南部地域病院に開設詳細

  6. がん診療連携拠点病院・都認定病院の拡大で、質の高いがん治療を拡充詳細

  7. 「休日・夜間急患センター」を拡大し、小児救急医療体制を強化
  8. 町田市に「救急車の増強配備」を実現
  9. 「打倒メタボ手帳」配布など、メタボ対策を前進
  10. 視覚障害者のため、全都立病院と公社病院で、薬の説明書に「音声コード」を添付
  11. 聴覚障害者のため、携帯メールでも110番・119番緊急通報が可能に

 

 

 

くらし

  1. 災害時の給水確保のため、「川崎市との水相互融通」を実現詳細
    【こいそチャンネル_実績編 災害時における水道水の相互融通】

  2. 都内初! 都営住宅の屋上に「太陽光発電システム」を設置詳細

  3. 有料ごみ袋の値下げを実現詳細

  4. 都職員の通勤手当を見直し、年間34億円のムダをカット詳細
    【こいそチャンネル_実績編 都職員の通勤手当を見直し】

  5. ジェット機騒音解消へ、防音工事対象戸数を約600倍に拡大詳細

  6. 温暖化防止と節電に向け、電力使用量が分かる「でんき予報」を実現詳細

  7. 高齢者が入居しやすいよう、公社住宅への入居基準を緩和
  8. 歩道のない都道に「路側帯のカラー化」で、歩行者の安全を確保
  9. 町田市にあるすべての駅に、エスカレーターやエレベータを設置
  10. バスの運行状況が分かる「バス接近情報」(バスロケ)の導入を推進
  11. 都道3・3・36 号線開通に尽力
  12. 三塚交差点、鶴川駅東口交差点、大蔵交差点の「渋滞解消策」を推進
  13. 焼却施設解体時の対策要綱を制定し、ダイオキシン飛散防止へ
  14. 風力・太陽光発電など「再生可能エネルギー」拡大の仕組みづくりに尽力
  15. 自然エネルギーから生まれた「グリーン電力」購入に、競争入札を導入
  16. 都庁職員の大震災時の初動体制を改革
  17. 受動喫煙防止を訴え、都立高校・都立養護学校の全面禁煙
  18. 部活動を教育の一環と明確に位置づけるよう規則改正を実現。「部活動顧問ハンドブック」も作成
  19. 全都立高校の普通教室に冷房を設置
  20. 動物園サポーター制度を実現
  21. 水道料金のクレジットカード決済を導入

この町

  1. 老朽化が進んでいた町田市消防署の建て替えを推進詳細

  2. 防犯対策の結果、8年間で市内犯罪が5割減!詳細

  3. 全国最大級の「忠生大型交番」を設置
  4. 原町田地区に「スーパー防犯灯」を設置
  5. 堺地域を管轄する「南大沢警察署」の設置
  6. 警察官の増員、パトロール体制の強化を推進

  7. 境川、恩田川、真光寺川、鶴見川に大雨・洪水警報を知らせる電光掲示板を設置

  8. 境川には監視カメラと遊水池にくわえ、増水時に水をプールできる調節池の設置も決定!
    【こいそチャンネル_実績編 境川の治水対策】

  9. 八王子市鑓水地域に、1隊70人のハイパーレスキュー隊を増設
  10. 災害時の給水を確保するため、川崎市との水相互融通を実現
  11. 消火栓から直接給水できるスタンドパイプを全小中学校に配布
  12. 災害時、都職員は居住地近くの都施設に参集する「現地起動班態勢」を構築
  13. 「町田市教育センター」に災害用の敷物8400人分を備蓄
  14. 地震発生時にエレベータを安全に止めるP波感知装置を都営住宅に設置
  15. 綾部原トンネルにAMラジオ受信装置を設置
  16. 都立高校へ非常用発電機を設置
  17. 都営・公社住宅に火災報知機を設置
  18. 病院の震災対策が前進。災害病院で給水訓練を実施
こいそチャンネル メルマガ ご意見・お問い合せ